簡単つまみ&料理レシピ

簡単に安くおいしいつまみと料理レシピをご紹介

sp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎの蒲焼の食し方、レシピ

unagi300xx.jpg

うなぎの蒲焼! 僕の両親は、大好物である。
僕は、蒲焼よりうなぎの串焼きのほうが好きだ。身や肝だけ刺したり頭だけ刺してあったり、ビールととってもあう。
登亭、宮川の鰻は、安くて美味いと両親は言う。
いちどスーパーで買ってきたうなぎは、ものすごく安かったけれど、ゴムみたいな歯ざわりで、生臭かったそうだ。
僕も、登亭、宮川の蒲焼を食べてみたが、登亭のほうがさっぱりしていてうなぎもおいしく感じた。宮川のほうが2倍近い値段だったので、登亭びいきになってしまった。

うなぎの蒲焼に飽きたら、刻んでいろいろな料理に使える。
刻んだうなぎに錦糸卵やミツバ、ネギを散らしたり、三つ葉や笹掻きゴボウを加えて卵とじに、ニラと卵とじも美味だ。うなぎを卵焼きでまいた「う巻き」 、お茶漬けからパスタまでもおいしい。
スポンサーサイト

食べ残し持ち帰る、賛成9割、もったいない意識は女性に。

僕は、食べたり飲んだりするときに、残すことはめったにしない。
友人がいたりや忘年会などのときに、残った食べ物は、ほとんど僕が持ち帰る。
特別まずいときは別だが、
料理を作ってくれた人の気持ちや食糧が不足している地域のことを考えると、
持って帰ってちゃんと食べる。

「奥さんみたいね!」なんて冷やかされても、負けない(^^;;;
ものすごい美女が、おいしい料理を少しずつ食べるだけで残して澄ましているのを見ると、
心の顔つきは、どんなだろう? と思ってしまうのだ。

■「食べ残し持ち帰る」賛成9割~“もったいない意識”は女性に軍配
4月13日12時7分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000004-rbb-ent

食品の廃棄量の多さで世界有数といわれる日本。捨てる食品を減らす取り組みのひとつとして行われているのが、食べ残した料理の持ち帰りであるが、実際のところ消費者の意識はどうなのだろうか。アイシェアが意識調査を実施し20代~40代のネットユーザー339名の回答を集計した。

馬刺し赤身、ロース、ヒレ、タテガミ、通信販売でおいしく!

basashi300.jpg

馬刺しというと、青森、長野、山梨県、東北、熊本などが、有名だろうか?
馬刺し、大好物、新鮮馬刺しは臭いもクセもなくほんと、おいしい! 
しかし、飲食店、とくに飲み屋で旨い馬刺しが出てくるところは、とっても少ないと感じるし、市販のものは高すぎるのではないか。

馬の肉は、低脂肪高タンパクで、鉄分が多く脂質が少ない。
100gで牛肉は299kcal、豚肉は202 kcalだが、馬肉は110 kcalだと言われる。鉄分も牛や豚の3~4倍も含まれている健康食品だ。
今回、通信販売ランキング上位の、
プレミアム馬刺し試食セットを購入し友人たち3人と食してみた。
値段が安い割りにおいしい馬肉だった。
赤身馬刺しコオネ脂タテガミの脂)、ロース馬刺しヒレ馬刺し上霜降り馬刺し、国産鮮麗赤身馬刺し(カナダと国産の馬刺し)各60グラムずつは、一瞬にして、たいらげられた。
さっぱりして柔らかいヒレ馬刺しと脂がとろけるような上霜降り馬刺しが、人気だった。

馬刺しタレは、おろしショウガやおろしニンニク、ワサビ、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)、刻みネギなど好みの薬味に醤油やポン酢につけて食べるのが、お勧め。寿司にしたり。細かく刻んだ馬肉を納豆とあわせて、ウズラの卵をトッピングして食べる桜納豆も、しゃれた味だ。

タラの芽、素上げ、天ぷら、汁物に最高!

taranomemori300.jpg

taranome250.jpg

タラの芽が届いた!群馬の友人からである。山菜・きのこ系をいつも送ってくれるので、嬉しくありがたい。
タラの芽、東京のスーパーで買って食べたら、まずいのにびっくり。大手のスーパーでも同じようだった。
1回採りたてのタラの芽を、できれば現地で、素揚げにして粗塩を振って食べるのが、最高だ。

タラの芽レシピ食べ方は、天ぷら、マリネ、ぬたが、最高に美味しい。
さらにタラの新芽は、佃煮、木の芽和え、田楽、汁物に、最高だ。
花は佃煮、若い果実も佃煮などでおいしく食べられる。

タラの木は、プランターでも育てられるそうだ!

タラの木の育て方と利用方法は、ガーデニング・園芸ナビへ。

 | 簡単つまみ&料理レシピ | 

free

My Yahoo!に追加
Add to Google
最新記事
カテゴリー
リンク
ブログ検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。